海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 宿泊施設のフロント業務を一元管理する「innto」が“2018年度グッドデザイン賞”受賞!直観的に操作できるUI、月額利用料1部屋199円~の低コストが魅力

Enterprise

宿泊施設のフロント業務を一元管理する「innto」が“2018年度グッドデザイン賞”受賞!直観的に操作できるUI、月額利用料1部屋199円~の低コストが魅力

訪日外国人が増加し、旅行客が増える一方、ホテル業界の人手不足が問題となっている。今後、2020年東京オリンピックに向けて、さらにスタッフ一人ひとりの負担が増えることが懸念される。 そのような問題解決の一助となりそうなのが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
訪日外国人が増加し、旅行客が増える一方、ホテル業界の人手不足が問題となっている。今後、2020年東京オリンピックに向けて、さらにスタッフ一人ひとりの負担が増えることが懸念される。

そのような問題解決の一助となりそうなのが、簡易宿所向け宿泊管理システム「innto(イントゥ)」だ。「innto」は、and factoryとUSEN-NEXT GROUPのアルメックスが共同開発したもので、このたび公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する「2018年度グッドデザイン賞」(Gマーク)を受賞したという。

審査委員によると、「宿泊業という古い産業に対して、ITを導入していくというスタンスは期待できる。一般的なB2Cのソフトウェアと比較しても十分に洗練されているように思える。本質的にはスタッフが注力すべきは接客であり、面倒な運営業務が軽減されることで、スタッフのリソースがより本質に注がれることを望む」とのことだ。

・フロント業務等を一元管理できる「innto」、操作も簡単!

「innto」は、PMSと呼ばれる宿泊施設で働くスタッフの宿泊運営業務(フロント業務等)をサポートするサービス。宿泊予約や販売価格、残室数、料金精算、顧客管理といった施設運営に関する情報を一元管理し、業務をスムーズに行えるようになる。操作方法もわかりやすく、誰でも簡単に操作ができる直感的なデザインを実現。入力項目のサジェスト、ドラッグ&ドロップによる感覚的な操作、情報の図示化、説明しなくてもボタンを操作していくだけで行いたい業務が行えるUIが特徴だ。教育に人員や時間を割かれないため、教育コストがかからないのもメリットになる。

また、クラウド型のため、外出先などフロント以外の場所でも、インターネット環境さえあればどこからでもアクセス可能なのも大きな魅力。初期導入費無料、月額利用料1部屋199円からとリーズナブルで、導入側も検討しやすい価格設定になっている。

・開発者の思いとは

開発に携わったデザイナーの木村洋仁氏は、「業務に必要だから使う、だけではなく、毎日使うものだからこそ、自分のお気に入りを使うような、愛着が湧くような、使い心地を楽しめるものを目指しました。

直感的で使いやすい画面を意識して、ドラック&ドロップで作業性を高めたり、複雑な作業を自動化したり、行動を予測してサジェストしたり、心理的ハードルを下げるためのマニュアルを作成したり、開発に関わる全てのスタッフが、様々な工夫や想いを込めて作っているものが『innto』です。

私たちの仕事は、宿に来るお客様のために働く方々の傍に寄り添い、機能改善や機能追加を続け、進化していくことだと思っています」とコメントを寄せている。このようなシステムを賢く活用することで、増え続ける宿泊客への対応に迫られるホテル業界の負担が軽減することだろう。今後の展開に期待したい。
innto
and factory株式会社
株式会社アルメックス
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報