海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 新幹線似!? HTT、実物ハイパーループ車両「Quintero One」を公開

Tech

新幹線似!? HTT、実物ハイパーループ車両「Quintero One」を公開

次世代輸送システム、ハイパーループの開発を手がける米Hyperloop Transportation Technologies(HTT)はこのほど、実際の走行に使われる車両「Quintero One」をスペインで公開した...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代輸送システム、ハイパーループの開発を手がける米Hyperloop Transportation Technologies(HTT)はこのほど、実際の走行に使われる車両「Quintero One」をスペインで公開した。

細長い鼻のデザインはどことなく新幹線を思わせる。同社はこの車両を製造地のスペインから、欧州における拠点を置くフランスに移し、そこで追加の組み立てを行う。そして2019年末の開始を予定している商業サービスで使用する見込みだ。

・カーボンファイバー製

フルスケールのハイパーループ用カプセルは世界初となる。Quintero Oneは長さ32メートルで、うち客室部分は15メートル。重さは5トンだ。定員は明らかにされていない。

同社によると、Quintero Oneにはカーボンファイバーや複合材料を活用し、二重構造にするなどして安全性を高めている。

製造を手がけたのはAirtificial、デザインはロンドン拠点のPriestman Goode。Airtificialは航空や車業界のエンジニアリングが専門で、ハイパーループ車両にもその分野で培ったテクノロジーを活用している。

・1年後、走ってるかも

フランス・トゥールーズに置く拠点には試験トラックがあり、当然今後はそこで走行させ、性能などを確かめることになる。

HTTは、2019年末までに、実際にこの車両が乗客を乗せて走るようになる、としている。つまり、予定どおりいけば、ほぼ1年後にはもう走っているかもしれない。あるいは、カウントダウンが始まっているはず。

車両の準備を進める一方で、HTTはハイパーループ建設予定地の行政との手続きなども着々と進めていて、初車両の滑り出し次第ではその後の展開は予想より早いかもしれない。

Hyperloop Transportation Technologies
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報