海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 食材の相性をAIで解析し、最適なレシピを自動生成する次世代型レシピアプリ

Start Up

食材の相性をAIで解析し、最適なレシピを自動生成する次世代型レシピアプリ

「Plant Jammer(プラント・ジャマー)」は、AI(人工知能)を活用し、家庭にある食材や調味料を入力するだけで、ヘルシーで美味しい料理のレシピを自動生成するスマホアプリ。 iOS対応アプリ、Androidアプリと...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Plant Jammer(プラント・ジャマー)」は、AI(人工知能)を活用し、家庭にある食材や調味料を入力するだけで、ヘルシーで美味しい料理のレシピを自動生成するスマホアプリ。

iOS対応アプリ、Androidアプリとしてリリースされており、無料でダウンロード可能だ。

・食材の相性を解析し、最適なレシピを自動生成

「Plant Jammer」は、食材同士の組み合わせ、すなわち“フード・ペアリング”を考慮した仕組みとなっているのが特徴。

甘味、酸味、塩味、苦味、うまみ、辛み、油分、歯ごたえ、柔らかさ、新鮮さ、香りという、美味しさの中心的要素を整理したうえで、独自のニューラルネットワークに300万件のレシピデータを与え、美味しさを形成する“フード・ペアリング”のパターンを学習させることに成功した。

具体的には、「Plant Jammer」で、パスタ・サラダ・炒め物・スープなど、15ジャンルからメニューを選び、使いたい食材や手持ちの調味料を入力すると、このニューラルネットワークが五味のバランスや香り、食感などを自動で分析。

ユーザーは、「サクっとした食感の食材を加えるとベター」など、「Plant Jammer」からの評価に応じて、食材や調味料などを調整できる。

・データサイエンスとフードサイエンスが融合した次世代のレシピアプリ

また、あらゆる食材から最適なレシピを自動生成するアルゴリズムも実装。

使用する食材や調味料を確定してレシピ生成ボタンをクリックすると、自分だけのレシピを瞬時に作成できる「Plant Jammer」は、レシピのデータベースからキーワードに合ったものを検索する従来のレシピアプリと異なり、データサイエンスとフードサイエンスを融合させ、誰でも美味しく調理できるレシピを無限に提供している点で、次世代型レシピアプリといえるだろう。(文 松岡由希子)

Plant Jammer
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報