海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up どんなヘルメットにも取り付け可能なHUD「HUDWAY Sight」

Start Up

どんなヘルメットにも取り付け可能なHUD「HUDWAY Sight」

車と違って、バイクや自転車の場合は運転時の視線上にダッシュボードがなく、ナビやスマホを設置できない。その代わりとなるのがヘッドアップディスプレイ(HUD)だろう。 これだと運転しながらでも各種情報をチェックできる。しかし...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車と違って、バイクや自転車の場合は運転時の視線上にダッシュボードがなく、ナビやスマホを設置できない。その代わりとなるのがヘッドアップディスプレイ(HUD)だろう。

これだと運転しながらでも各種情報をチェックできる。しかし、HUD付きのヘルメットにわざわざ買い換えるのも気が進まないかも? そんな人のために開発されたのがヘルメットに取り付けるHUD「HUDWAY Sight」だ。

・磁石で簡単取り外し

HUDWAY Sightはコントロールブロックとアタッチメント、プロジェクター、そしてアプリから構成される。コントロールブロックはヘルメットの後部などに、そしてプロジェクターはユーザーの右目前にくるようにアタッチメントで設置する。

開発元によると、どんなヘルメットにも装着でき、プロジェクターはブラケットにマグネットでくっついているので、ヘルメットから離れる時はさっと取り外すことができる。

また、バイクや自転車に限らず、スケボーやスキーなどスポーツ時のヘルメットに取り付けるのもありだ。

・地図やテキストを表示

スマホとBluetooth で連携するHUDWAY Sightのスクリーンにはスマホの地図やノーティフィケーション、テキストメッセージなどを表示できる。

また、サードパーティーのBluetoothを併せて使えば、音楽アプリなどを音声で操作できるようにもなるという。

・前方視野を塞がない

HUDのいいところは、透明なので視野を塞がないこと。ディスプレイの表示を見つつ、道路の前方も確認できるのでハンドルバーに設置したディスプレイなどを見るより安全性が確保できる。

HUDWAY Sightは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中で、予定小売価格849ドル(約9万5000円)のところ、499ドル(約5万6000円)の出資となっている。

出資は10月21日まで受け付け、資金調達に成功した場合、来年5月にも発送される見込みとなっている。

HUDWAY Sight/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報