海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 建設コストを約3割削減!プレハブ工法によるモジュール式の病室が米国で開発される

Start Up

建設コストを約3割削減!プレハブ工法によるモジュール式の病室が米国で開発される

「MedModular(メッド・モジューラー)」は、米国で2016年に創設されたスタートアップ企業「EIR Healthcare(EIRヘルスケア)」が世界で初めて開発した、プレハブ工法によるモジュール式の次世代型病室。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「MedModular(メッド・モジューラー)」は、米国で2016年に創設されたスタートアップ企業「EIR Healthcare(EIRヘルスケア)」が世界で初めて開発した、プレハブ工法によるモジュール式の次世代型病室。

2018年9月、そのプロトタイプが米フィラデルフィアで初めて公開された。

・プレハブ工法を応用したモジュール式の病室

この病室は、院内感染リスクを軽減するべく抗菌加工が施されているほか、出入り口には自動スライドドアを設置し、室内を安全に移動できるよう手すりが取り付けられ、すりガラスを採用することで患者のプライバシーにも配慮。

これらの基本的な設計をベースとしながら、医療機関のニーズに合わせて機能や設備をカスタマイズすることもできる。

「MedModular」の製造は、モジュール式の建設技術に強みを持つフィンランドの「Admares」が受託。

部材や構成物の多くを「Admares」の工場で製造するため、品質管理を徹底でき、これらを設置先に持ち込んで建物として組み立てるため、従来の建設手法に比べて、工期を30%から50%程度短縮でき、建設コストも約30%節約できる。

・よりよい療養空間をもたらし、コスト効率にも優れている


プレハブ工法やモジュール式の建設技術を効果的に活用した「MedModular」は、患者によりよい療養空間をもたらし、コスト効率にも優れた次世代型の病室として、注目を集めている。(文 松岡由希子)

EIR Healthcare
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報