海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech メルセデスベンツの大型電気トラック「eActros」、10台を試験運用へ

Tech

メルセデスベンツの大型電気トラック「eActros」、10台を試験運用へ

ダイムラーはこのほど、開発した大型電気トラック「eActros」10台を、顧客であるドイツ最大のロジスティック会社Hermesに引き渡した。今後2年間かけて試験運用を行ってもらう。 製造する試験トラックは計20台で、残る...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイムラーはこのほど、開発した大型電気トラック「eActros」10台を、顧客であるドイツ最大のロジスティック会社Hermesに引き渡した。今後2年間かけて試験運用を行ってもらう。

製造する試験トラックは計20台で、残る10台も年内に他企業に引き渡される。試験を経て、ダイムラーは2021年からeActrosを量産する計画だ。

・18トンと25トンの2種

ダイムラーでは、乗用車の電動化が着々と進められ、今まさにトラック分野もその波にのろうとしている。というのも、欧州各国ではガソリン・ディーゼル車を全廃する動きが強まっているからだ。

そうした中でeActros(18トントラックと25トントラックの2種類)は開発された。容量240kWhのバッテリーパックを2個搭載し、トータル出力250kWの電気モーターで動く。航続距離は200キロとなっている。

・経済性などを調査

今回Hermesには25トントラックが引き渡され、50キロ超の長距離運送に使用される見込みだ。実際に運用し、ディーゼルトラックと比較したときの経済性や、運用するにあたっての必要となるインフラの有無などを調査する。

もちろん、いかに航続距離をいかにのばしていくか、頻繁に使用するだけに充電にかかる時間をいかに短縮するかというのも大きな課題となる。

環境に優しいことに加え、経済性に優れていることを企業にアピールできれば、買い換えが急速に進む可能性がありそうだ。

Dimler
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報