海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ライドシェアのLyft、乗車10億回を達成! 11カ月で乗車数が倍に

Enterprise

ライドシェアのLyft、乗車10億回を達成! 11カ月で乗車数が倍に

2012年に米サンフランシスコで始まった配車サービスのLyftが、このほど乗車回数10億回に達した、と発表した。 昨年10月に5億回を達成していて、わずか11カ月で乗車回数を2倍に伸ばしたことになる。 ・シェアも拡大中 ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年に米サンフランシスコで始まった配車サービスのLyftが、このほど乗車回数10億回に達した、と発表した。

昨年10月に5億回を達成していて、わずか11カ月で乗車回数を2倍に伸ばしたことになる。

・シェアも拡大中

同様のサービスを展開している大手としてはUberがあるが、こちらは6月に100億回を達成している。

ただ、UberはLyft より早い2010年からサービスを始め、しかも初期段階からグローバル展開しているのに対し、Lyftは北米限定。米国外では初の展開となったカナダ・トロントに進出したのも昨年11月とまだ最近のことだ。

米国に限定すれば、現在マーケットシェア35%を占めていて、18カ月前は20%だったことを考えると、なかなかの健闘ぶりがうかがえる。

・最長乗車は1028キロ!

今回の記念すべき1億回達成の発表では、乗車にまつわるちょっとした事実も紹介している。

たとえば、これまで1回の乗車として最も長かったのは2016年コロラド州デンバーからアイオワ州スーシティまでの639マイル(約1028キロ)の乗車だったこと、1人のドライバーが提供した乗車回数で最も多かったのは3万1000回だったことなど。

また、最もLyftを利用した客の乗車回数は9000回だったという。Lyftは最近バイクシェアにも参入していて、今後はそれとの相乗効果も見込めそうだ。

Lyft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報