海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 旅行先でも魚を管理!餌やり機能付きのスマート水槽「Bluenero」

Tech

旅行先でも魚を管理!餌やり機能付きのスマート水槽「Bluenero」

自宅で熱帯魚を飼育している場合、なかなか旅行に行きづらいかもしれない。もちろん、魚の世話を家族に任せる手段もあるが、たとえば自分以外の家族は熱帯魚の飼育に疎いという場合はどうするべきだろうか。 この記事で紹介するのは、遠...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅で熱帯魚を飼育している場合、なかなか旅行に行きづらいかもしれない。もちろん、魚の世話を家族に任せる手段もあるが、たとえば自分以外の家族は熱帯魚の飼育に疎いという場合はどうするべきだろうか。

この記事で紹介するのは、遠方から魚を管理できるスマートアクアリウム「Bluenero」である。飼い主が世界のどこにいても、大事な魚の様子を窺うことができる製品だという。

・温度とpH値を適切管理

魚といっても様々な種類が存在し、それは淡水魚なのか海水魚なのか、或いは最適温度は何度かということを把握する必要がある。水槽の水のpHも管理しなければならない。

Blueneroは専用アプリに水槽の状態を表示する。たとえば今現在の水の温度が低ければ、それをスマートフォンから調整することも可能。pH値に異常があると、それをスマホに通知する機能もある。

海水、淡水の両対応で、珊瑚も飼育できる。魚への餌やりを自動で行う機構も備わっている。何より、水槽内にカメラがあるというのが大きな特徴だ。これで世界のどこにいても、魚の泳いでいる姿を確認することができる。

・頑丈な素材

Blueneroの使用素材はアクリルとステンレス。アクリルはガラスよりも17倍の強度があるにもかかわらず、重量は半分程度しかないという。

クラウドファンディング「Indiegogo」に出展されているBlueneroは、サイズ毎に4種類。8ガロンから36ガロンまでの容量に対応している。最も安価な8ガロン容量の製品は199ドル(約2万2300円)、16ガロン容量の製品は399ドル(約4万4700円)である。

Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報