海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 時速40kmで細かいポンピングを可能にする電動スケボー「Dualomo Hybrid」

Tech

時速40kmで細かいポンピングを可能にする電動スケボー「Dualomo Hybrid」

電動スケートボードは使いようによっては便利な乗り物になるが、弱点もある。それをひとつ挙げれば、自分の足で地面を蹴って発信すると駆動系を痛める可能性があるという点だ。 また、従来のスケボーほど細かい動作ができない。たとえば...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電動スケートボードは使いようによっては便利な乗り物になるが、弱点もある。それをひとつ挙げれば、自分の足で地面を蹴って発信すると駆動系を痛める可能性があるという点だ。

また、従来のスケボーほど細かい動作ができない。たとえばポンピングと呼ばれる蛇行走行を、電動スケボーでもやってみたいと考える人は存在する。そこで開発されたのが「Dualomo Hybrid」シリーズである。

・時速40kmのポンピング

クラウドファンディング「Indiegogo」にキャンペーンを出しているDualomo Hybridシリーズだが、ここでは最上位モデルの「Hybrid-X」について解説する。

Hybrid-Xの最高速度は時速25マイル。アメリカ企業の製品だからカタログはヤード・ポンド法表記だが、これは約40kmである。この40kmの状態で蛇行走行ができるというのが、Hybrid-Xの最大の特徴だ。

操作機構はスタンダードな電動スケボーと同じく、手持ちのコントローラー。しかし電動ではないスケボーのように、自らの足を使うキックスタートもできる。バッテリーレンジは最大15マイル(約24km)。

伝統的スケボーの走行感覚を維持しつつ、電動スケボーとしての性能を備える。ちなみに、Hybrid-Xの登坂能力は最大25%。自転車では一苦労の勾配だ。

・日本での公道走行

PR動画では、公道や自動車の間を風のように疾走している。車道から歩道へ難なく乗り上げている場面もあるほど。

しかし、これはあくまでもアメリカの光景である。日本で同じことをすれば、道交法違反で検挙されてしまうだろう。公園やスケートパーク、或いは私有地での使用に限られる。

さて、このHybrid-Xは現在Indiegogoで799ドル(約8万9500円)の出資枠を設けている。これよりも性能を抑えた「Hybrid-E」と「Hybrid-S」も、同じキャンペーンページ内で出資を受け付けている。

Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報