海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech バンドエイド大の超音波装置! 衣服への埋め込みも可能に

Tech

バンドエイド大の超音波装置! 衣服への埋め込みも可能に

超音波を使った装置というと、健康診断や魚群探知などに使われるものを想像する人が多いかと思うが、実際、様々なデバイスに活用されている。 その超音波装置は一般に高価で、かさばるものが多い。しかし、カナダ・ブリティッシュコロン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
超音波を使った装置というと、健康診断や魚群探知などに使われるものを想像する人が多いかと思うが、実際、様々なデバイスに活用されている。

その超音波装置は一般に高価で、かさばるものが多い。しかし、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の研究チームが開発したのはバンドエイドほどの大きさで、しかもコストは100ドル程度とこれまでの常識を覆すものだ。

・レジン製ドラム

医療で使われる超音波装置を例にとって考えると、トランスデューサーの圧電クリスタルに電圧をかけて振動を発生させ、跳ね返ってきた音を画像化している。

その振動するドラムは通常、硬いシリコン素材を使っているが、これが高価なのだという。そこで研究チームはポリマーレジンを活用することで、製造工程が少なく、しかもかなり小さいドラムを作り出すことに成功した。これがコスト減とコンパクト化につながっている。

・小型でフレキシブル

研究チームによると、開発した超音波装置はバンドエイドほどの大きさで、フレキシブル。そして必要とする電力も小さいとのこと。

開発者の1人は「作動させるのに10ボルトほどしか必要とせず、つまりスマホでも動かすことができる。医療用アームに搭載したり、衣服に埋め込んだりすることもできる」としている。製造コストも100ドル程度と、既存のものに比べると破格。

実際にどんな活用方法があるのか、研究チームは今後模索することにしているが、一つの可能性として、胸のあたりに装着して継続的に心臓をチェックする、といった使い方を検討しているという。

研究結果は専門誌「Nature Microsystems & Nanoengineering」に掲載された。

University of British Columbia
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報