海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 海外でモバイルWi-Fiルーターにもなる自動翻訳機「Langogo」

Tech

海外でモバイルWi-Fiルーターにもなる自動翻訳機「Langogo」

近年、多くの企業が自動翻訳機の開発を進めている。しかし、どれも実用性に欠けていたり、翻訳精度がいまひとつだったりと、まだまだ翻訳機を用いたスムーズなコミュニケーションは実現されていない。 そんな中、少し方向性を変えてきた...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、多くの企業が自動翻訳機の開発を進めている。しかし、どれも実用性に欠けていたり、翻訳精度がいまひとつだったりと、まだまだ翻訳機を用いたスムーズなコミュニケーションは実現されていない。

そんな中、少し方向性を変えてきた新たな自動翻訳機がIndiegogoに登場した。それが「Langogo」だ。

・60以上の言語に対応し、1秒で翻訳

Langogoは日本語を含む60以上の言語に対応しており、翻訳スピードも約1秒とかなり高速。ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、周囲の雑音に影響されず精度の高い翻訳を行ってくれるそうだ。

しかも本体にAIアシスタントも搭載されているので、近くのレストランを確認したり、外貨レートを確認したりと、海外では重宝するであろうなかなか便利な機能が備わっている。

・グローバルWi-Fiホットスポットにもなる

Langogoはオフラインモードでは使えないため、利用時にはネットに繋げておく必要がある。選択肢としては現地のSIMカードをさすか、内蔵されているクラウドSIM(e-SIM)を通したデータプランに申し込むか、WiFiに繋ぐかだ。

つまり、クラウドSIMやSIMカードを使えば、これ単体がモバイルルーターのような位置づけにもなるということだ。各国の詳しい料金プランは掲載されていないようだが、場合によっては現地でモバイルルーターを借りるより、こちらをもっておいたほうが便利な可能性もあるだろう。

Langogoは現在1台139ドル(約1万5490円)から出資注文ができ、発送は2018年10月頃を予定しているようだ。ただ、気になるのは翻訳精度。こればかりはぜひ一度手にとって確認してみたいものだ。

執筆:Doga

Langogo/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報