海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech セグウェイのローラースケート版「Drift W1」が資金調達サイトで大人気!

Tech

セグウェイのローラースケート版「Drift W1」が資金調達サイトで大人気!

セグウェイ社が、セグウェイのローラースケート版ともいえる「Drift W1」を発表したのは記憶に新しいところが、そのDrift W1がクラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中だ。 このほどサイトに登場し...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
セグウェイ社が、セグウェイのローラースケート版ともいえる「Drift W1」を発表したのは記憶に新しいところが、そのDrift W1がクラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中だ。

このほどサイトに登場したところ、たちまち資金調達の目標額を達成。あと1カ月ほど資金調達を展開し、10月にも発送が始まるようだ。

・体重移動で進行

セグウェイではボードに両足を乗せ、手にハンドルを持って走るのに対し、Drift W1は左右分離型で、それぞれのパーツは足を乗せるだけのスペースしかない。

車輪があるのはローラースケートと同じだが、足を乗せるだけでストラップなどもないという点で大きく異なる。

また、何よりDrift W1は電動で動く。その際はセグウェイ同様に体重移動で進行方向を操作する。つまり、かなり小回りがきくローラースケート風のセグウェイといえる。

・ストリートダンスに最適?!

実際、デモビデオをみると、Drift W1を装着してストリートダンスのような動きができる。セグウェイに比べるとバランスを取るのが難しそうだが、開発元は「ものの数分で乗れるようになる」としている。

スペックはというと、トップスピードは時速12キロで、体重100キロ以下での利用が可能。体重75キロの人が利用した場合、フル充電で45分使用できるとのこと。

気になるお値段だが予定小売価格は499ドル(約5万6000円)のところ、現在Indiegogoでは369ドル(約4万1000円)〜の出資で入手できる。日本の公道での使用は不可だろうが、米国では今後Drift W1を使ったストリートパフォーマンスが見られるようになるかもしれない。

Drift W1/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報