海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ロボティックボールSpheroの最新作はLEDマトリックス付き!

Tech

ロボティックボールSpheroの最新作はLEDマトリックス付き!

スマホやタブレットにインストールしたアプリで、ラジコン感覚で自由自在に動かせる球形ロボットSpheroを楽しんだことのある読者も多いだろう。STEM教育でも活用されていて、子供から大人まで大人気のロボティックボールだ。 ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホやタブレットにインストールしたアプリで、ラジコン感覚で自由自在に動かせる球形ロボットSpheroを楽しんだことのある読者も多いだろう。STEM教育でも活用されていて、子供から大人まで大人気のロボティックボールだ。

そのSpheroの最新作「Bolt」が発表された。プログラミング可能なLEDマトリックスを搭載しているのが最大の特徴だ。

・グラフィックスを表示

Boltは、これまでSphero社が教育現場で展開してきたSPRK+に類似していて、ボディが透明なため中の構造が良く見える。

今回はこの中に8×8 LEDマトリックスが加わった。ここにデータやフラフィックスを表示できるようになっていて、たとえばBoltを走らせながら次の進行方向をLEDで矢印表示する、ということができる。

Boltの動きだけでなくLED表示もプログラミングでき、これらの組み合わせは無限。楽しみの幅がぐっと広がった格好だ。操作はこれまで通り、専用アプリSphero Eduで行う。

・連続2時間以上動く

また、Boltには赤外センサーも加わり、Bolt同士がコミュニケーションをとれるようになった。これにより、複数のBoltを使った新しいゲームや、複雑な動きができるとのこと。

そのほか、周囲の明るさを感知するセンサーやコンパスも搭載され、バッテリーの改良により連続2時間以上の使用が可能になった。

子供が夢中になること間違いなしのBolt、価格は149.99ドル(約1万7000円)。日本での発売については今のところ情報がないが、タイミングによっては子どもへのクリスマスプレゼントなどにいいかもしれない。

Sphero
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報