海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 懐かしの名車が蘇る!1949年製ノーマン・テイムズ・スペシャルの走行動画が公開される

Tech

懐かしの名車が蘇る!1949年製ノーマン・テイムズ・スペシャルの走行動画が公開される

流れるような曲線美と艶やかなボディ。クラシックカーマニアの間で、今も絶大な人気を誇る、1949年製“ノーマン・テイムズ・スペシャル”。そんな名車が、現代によみがえった。 ・造形美のみを追求した究極の“工芸品” 元の車名は...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
流れるような曲線美と艶やかなボディ。クラシックカーマニアの間で、今も絶大な人気を誇る、1949年製“ノーマン・テイムズ・スペシャル”。そんな名車が、現代によみがえった。

・造形美のみを追求した究極の“工芸品”

元の車名は、「Buick Streamliner」。プレストン・タッカーのブレインでもあったメカニカル・エンジニア、ノーマン・E・テイムズ氏が制作したことから、彼の名前を冠した呼び名がついたという。

ボディの素材は、すべてアルミニウム。鋼製のパイピングが、特徴的なシャシー形状を作り出している。車体のどこにもドアはなく、エンジンを載せた後部のシャシー全体を開ける設計。後部パネルは、油圧で開くようになっている。カーラジオはなし。オープンカーであるにも関わらず、雨や風をよけるための幌もない。デザイン優先のため、パフォーマンスは完全無視。ひたすら造形美のみを追求した、究極の“工芸品”なのだ。

・195万円でよみがえった幻の名車

テイムズ氏自身による手作業で、2年の歳月をかけて制作されたこの車。2002年、カリフォルニアで偶然見つかった車両を、マリブの企業家ゲーリー・セルベリー氏が入手。購入金額は、わずか1万7600ドル(約195万円)。幻のクラシックカーとしては、異例の低価格だ。

幸い、エンジン系統等に問題はなく、車はすぐに走行可能な状態に復元された。道路をさっそうと走る美車の映像は、動画サイトYouTubeでも公開されている。

EV車や自律走行車など、テクノロジー優先の車に目がいきがちな現代。古き良き時代の名車に、思いを馳せるのも悪くない。

souce by jalopnik.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報