海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ANA×JAXAの共同宇宙プログラム「AVATAR X」に、遠隔操作アバターロボット「MELTANT」が導入 “繊細で力強い人間の手”に限りなく近い性能

Enterprise

ANA×JAXAの共同宇宙プログラム「AVATAR X」に、遠隔操作アバターロボット「MELTANT」が導入 “繊細で力強い人間の手”に限りなく近い性能

あらゆる産業、分野での活躍が期待されるロボットだが、特に人間にとって過酷な環境下での運用への期待は大きい。宇宙開発分野も例外ではない。 ・ANA、JAXAの共同宇宙開発プログラム「AVATAR X」に「アバターロボットM...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
あらゆる産業、分野での活躍が期待されるロボットだが、特に人間にとって過酷な環境下での運用への期待は大きい。宇宙開発分野も例外ではない。

・ANA、JAXAの共同宇宙開発プログラム「AVATAR X」に「アバターロボットMELTANT」が導入

ロボット技術の研究開発に取り組むベンチャー・メルティンMMI(MELTIN MMI)は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)とANAホールディングスが共同で進める宇宙開発・利用創出プログラム「AVATAR X (アバターエックス)」 に参画し、「アバターロボットMELTANT」の宇宙環境での活用を目指す取り組みを開始している。

・力強さと繊細な動きを両立する、人間の手に近い性能を実現

「アバターロボットMELTANT」は、力強さと繊細な動きを両立し、“人間の手に最も近い”世界初の独自のロボットハンドを備えることで、従来のロボットハンドには困難だった複雑で柔軟な作業を実現可能にした。宇宙ステーション、月面、火星など、今後広がり続けるであろう宇宙環境への進出。あらゆる宇宙環境でアバターロボットが活躍する時代が想定される。

具体的な活用シーンは、例えば宇宙ステーションでの宇宙飛行士の生活補助、科学実験における作業、船内外における各種機器のメンテナンス作業など。宇宙ホテルの運用では、従業員の作業補助(食料生産、料理、清掃など)、宿泊者への各種サービス提供、船内外における各種機器のメンテナンス作業など。

テクノロジーの発達が進んだとしても、宇宙ステーションや月面基地などの全作業を自動化することは難しく、今後も一部の作業は人間の高度な判断と作業能力が必要となる。“人間の手に限りなく近い”能力をもつ、遠隔操作ロボットであるMELTANTなら、多様な作業代替を実行可能となる。

・「AVATAR Xプロジェクト記者発表会」でデモ実演

2018年9月6日に、JAXA相模原キャンパスにて開催された「AVATAR Xプロジェクト記者発表会」では、アバターロボットのコンセプトモデル「MELTANT-α」の展示とデモンストレーションを実施。月面環境を模した宇宙探査フィールドを展開し、電動ドライバーを用いて故障したローバーを臨時メンテナンスするMELTANT-αと、それを地上の管制室から遠隔操作する場面を実演するという。

最先端のロボットアバターは、未知の環境、不測の事態が起きかねない過酷な宇宙開発環境で、大いに活躍してくれそうだ。

株式会社メルティンMMI

JAXAプレスリリース
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報