海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ボルボの自動運転車コンセプト「360c」はワークライフバランスを向上させる!?

Tech

ボルボの自動運転車コンセプト「360c」はワークライフバランスを向上させる!?

車を運転しての毎日の通勤がストレス−。そんな悩みの解消に貢献しそうな自動運転車のコンセプトを、ボルボが発表した。 完全自動運転の電気自動車「360c」。運転席がないぶん、車内はゆったりしていて、デスクを広げて朝食をとった...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車を運転しての毎日の通勤がストレス−。そんな悩みの解消に貢献しそうな自動運転車のコンセプトを、ボルボが発表した。

完全自動運転の電気自動車「360c」。運転席がないぶん、車内はゆったりしていて、デスクを広げて朝食をとったりパソコン作業したりと移動の時間を有効活用できそうだ。

・フラット座席で仮眠

ずばり、ボルボが描いているのは、ワークライフバランスを再構築するような車とその活用法。具体的には主に4つの使い方を提案している。睡眠をとる空間、モバイルオフィス、リビングルーム、そしてエンターテイメント空間だ。

例えば、車内はたっぷりスペースがあるので、座席をフラットにした状態で横になることができる。仕事帰りなど、疲れているときに仮眠をとれるのはありがたい。

・移動オフィスにもなる!

また、この車はインターネットに接続するのでパソコンなどを持ち込んで移動オフィスに早変わりさせることも。スクリーンを設置すればくつろぎながら映画鑑賞もできる。

あるいは単純にデスクを広げて軽食をとったり、読書したりというのもありだろう。運転という行為、そして運転席をなくすことで時間や空間を有効活用できるというわけだ。

そして、もちろん電気自動車なので、排ガスを抑制するという社会的意義もある。

こんな車あったらいいな、と思わせるのに十分な今回のコンセプト。車がガソリンから電気へと変わりつつある今、自動運転車社会もそんな遠い未来のことではなさそうだ。

Volvo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報