海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 立命館大学が“バーチャル平安京AR”を開発!VRモードで360度体験も可能

Tech

立命館大学が“バーチャル平安京AR”を開発!VRモードで360度体験も可能

立命館大学と株式会社キャドセンターが、AR(拡張現実)技術を用いて平安京の景観を再現したAndroidアプリ「バーチャル平安京AR」を共同制作した。 ・当時の風景をリアルに再現! 「バーチャル平安京AR」アプリは、「バー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
立命館大学と株式会社キャドセンターが、AR(拡張現実)技術を用いて平安京の景観を再現したAndroidアプリ「バーチャル平安京AR」を共同制作した。

・当時の風景をリアルに再現!


「バーチャル平安京AR」アプリは、「バーチャル京都」の3次元技術とGPSによる位置情報を活用し開発。アプリを起動し実際の風景にスマートフォンをかざすと天皇在所の大内裏内(南北約1.4km×東西約1.2km)の施設をAR表示で体験できるというもの。ARモードを使うことで平安京の大内裏の範囲を対象とし、平安時代のモデルを重ねて見ることができる。10秒間隔で現在地が更新されるため、移動にも対応している。

・VRモードで360度体験も可能!

VRモードを使用すれば現在京都市と平安京の新旧地図画面に切り替えも可能に。朱雀大路上の見たい場所を選択すると、その場所(固定)からの360度CG画像が表示され、ジャイロ連動で全方位を見渡すことが可能になる。

大内裏の南の正門であった朱雀門のある、現在の千本通押小路あたりから、千本通を北上すると、内裏内の建物を見ることが可能。また、京都駅前の羅城門模型の前では、トリガーとなる画像により、京都の三山と西寺や東寺の塔を見ることもでき、様々な箇所で平安京をリアルに体験できるアプリとなっている。

バーチャル平安京AR
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報