海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 目の移植が可能な時代に!?ミネソタ大学が3Dプリントによるバイオニックアイの開発に挑む

Tech

目の移植が可能な時代に!?ミネソタ大学が3Dプリントによるバイオニックアイの開発に挑む

近年、眼科医療の分野でめざましい発展を遂げているインプラント手術。ただし、対象となる症状は今のところ限られており、すべての眼病に適用されるわけではない。 アメリカではこのたび、その状況を打破する画期的な研究結果が報告され...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、眼科医療の分野でめざましい発展を遂げているインプラント手術。ただし、対象となる症状は今のところ限られており、すべての眼病に適用されるわけではない。

アメリカではこのたび、その状況を打破する画期的な研究結果が報告された。ミネソタ大学のエンジニアチームが、3D印刷による合成眼球のプロトタイプ開発に成功。視覚障がい者のQOL向上に、期待がかかる。

・3D印刷された光検出器を搭載

先週号のAdvanced Materials誌に掲載された論文によると、この合成眼球は、光を拾えるフォトディテクタ(光検出器)を備えているという。光を電気に変換する計測用デバイスだが、これを用いることで、広視野かつ感度の高い画像検出が可能となる。

光検出器のアレイを3D印刷するカンバスには、ガラスコーンを採用。眼球上部には液体金属を使用し、陰極を印刷できるようにした。

・研究は第2段階へ突入

今回の装置製作で、最も重要なポイントとなるのが3D印刷。サイズの変更とカスタマイズが容易にできるというのが、主な理由だ。研究は早くも、第2段階に突入。次のステップでは、本体サイズを縮小しつつ、光検出器の性能を改善し、包括的なビジョンシステムをサポートする、イメージセンサーを開発する予定だ。

souce by digitaltrends.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報