海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech トヨタとUberがタッグ! 自動運転でのライドシェアリングを提供へ

Tech

トヨタとUberがタッグ! 自動運転でのライドシェアリングを提供へ

トヨタ自動車は、米ライドシェアリング大手Uberに5億ドル(約555億円)出資したと発表した。2社はそれぞれが持つ自動運転に関する技術を持ち寄り、自動運転車を使ったライドシェアリングを展開する。 早ければ2021年にもU...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車は、米ライドシェアリング大手Uberに5億ドル(約555億円)出資したと発表した。2社はそれぞれが持つ自動運転に関する技術を持ち寄り、自動運転車を使ったライドシェアリングを展開する。

早ければ2021年にもUberのネットワークに自動運転車を取り込んでパイロット事業を実施する見込みだ。

・新ビジネスモデル

トヨタは言わずと知れた、車を製造して販売する会社だが、と同時に運転における安全性の向上に主眼を置いた研究も進めている。

一方のUberは、配車サービスを展開していて、確立したネットワークに自動運転車を取り込もうとしている。

そうした両社の技術やニーズを併せて新ビジネスモデルを確立しようというのが今回の提携で、それぞれの技術がリアルタイムに運転状況をモニターすることでより安全な運転となる、としている。

・シエナを採用

使用される車両はトヨタのミニバン、シエナ。当初、どれくらいの規模で展開されるのかはまだ明らかではないが、2021年まで時間があることを考えるとそれなりの台数が用意されそうだ。

ちなみに、本格的なサービスの提供は第三社が行うとのこと。

この分野では、すでにゼネラルモーターズやフォードがLyftと提携している。大手自動車メーカーと配車サービスがタグを組んで加速度的に進めることで、自動運転車によるシェアリング時代がいよいよ現実味を帯びてきた。

TOYOTA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報