海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スキップ不可のYouTube動画広告が増えるかも?今後クリエイターが自由に選択可能に

Tech

スキップ不可のYouTube動画広告が増えるかも?今後クリエイターが自由に選択可能に

YouTubeの一般ユーザーにとって切っても切れないもの、それが動画広告だ。それは、動画を作成するクリエイターにとっても同じこと。 現在YouTubeには「TrueView広告」という動画の前後、間に流れる広告が存在する...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
YouTubeの一般ユーザーにとって切っても切れないもの、それが動画広告だ。それは、動画を作成するクリエイターにとっても同じこと。

現在YouTubeには「TrueView広告」という動画の前後、間に流れる広告が存在する。たまにスキップ不可のものも流れるが、数秒が経つとスキップできるものも多い。しかし、このスキップ可否に大きな変化が起きようとしている。

・スキップ可否をクリエイターが選べるように

先日、YouTubeは同社チームが運営するチャンネルCreator Insiderの動画内にて、今後はこの動画広告のスキップ可否の選択をクリエイターにゆだねる旨を明らかにした。つまり、クリエイターの選択次第で、われわれ一般ユーザーの画面に流れてくる動画広告がスキップできるか、できないかが決まるわけだ。

もちろん、ユーザーの視聴体験を重視するクリエイターは今までどおりの設定で動画を配信し続けることもできる。しかし、今まで以上にスキップ不可の動画広告が増えることも容易に想像がつくだろう。

クリエイター流出を防ぐため?

もともと動画広告がスキップされると、クリエイターへは広告料が支払われない仕組みだったため、今回の変更によりクリエイター側にはより多くの収益が入ってくることが予想される。創作活動を続けるクリエイターにとっては嬉しい仕様変更だ。

これはInstagramの運営するIGTVといった競合サービスへのクリエイターの流出を防ぎたいという、YouTube側の意図の現れかもしれない。どちらにしても、ユーザーは今後YouTubeで時間を費やす際に、コンテンツそのものの時間だけでなく、動画広告が表示される時間も含めて視聴時間を見積もっておく必要がありそうだ。

執筆:Doga

The Verge

Creator Insider/YouTube

YouTube
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報