海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 不必要になったアート分野の材料売買サイト「Creative Resale」、寄付もOK

Start Up

不必要になったアート分野の材料売買サイト「Creative Resale」、寄付もOK

絵の具やカメラ、特殊な材料など、アート・クラフト分野で使う材料は高価なものが多い。必要と思って買ったものの結局使わず、押し入れにしまったまま…なんてことは避けたいが、結果的にそうなってしまうことはあるだろう。そんなときに...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Creative Resale絵の具やカメラ、特殊な材料など、アート・クラフト分野で使う材料は高価なものが多い。必要と思って買ったものの結局使わず、押し入れにしまったまま…なんてことは避けたいが、結果的にそうなってしまうことはあるだろう。そんなときに便利なのが米国発のアート材料専門売買サイト「Creative Resale」だ。新品・中古を売買でき、不要なものを売って新たな材料を買う資金を作ったり、あるいは材料を安く入手したりできる。また、不要になった材料を、生活が決してラクではない芸術家の“卵”に寄付することもできる。

サイトの目的は、材料費に事欠くアーティストたちのサポートだ。アイデアがあっても資金が十分ではなくて創作活動に入れない人のために材料を安く、あるいは無料で入手する環境を提供する。不要なものを抱えていて、自分自身も懐が苦しい人ならトレードをすることもできる。材料の購入費用に困らない人の不要品の寄付も受け付けている。

しかし実際に材料を売りに出すといっても、購入から時間がたっている新品や中古品をいくらの値段を付けていいのか戸惑う人も少なくないだろう。同サイトでは、目安をつけるにあたって参考となる他のサイトを紹介するなどしている。売りたいアイテムの登録にあたっては、アイテムの説明と写真、値段、配送方法などを明記する必要があるほか、登録料として1アイテムにつき1ドルの手数料がかかる。

Creative Resale
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報