海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Jaguar 、“世界で最も美しい車”EタイプのEV化を正式発表

Tech

Jaguar 、“世界で最も美しい車”EタイプのEV化を正式発表

長いノーズに流麗な流線型と、JaguarのEタイプは独特のシルエットで有名だ。フェラーリの創始者が「世界で最も美しい車」と賞賛したことでも知られる。 そのEタイプのEVを製造する、とJaguarが正式発表した。2020年...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
長いノーズに流麗な流線型と、JaguarのEタイプは独特のシルエットで有名だ。フェラーリの創始者が「世界で最も美しい車」と賞賛したことでも知られる。

そのEタイプのEVを製造する、とJaguarが正式発表した。2020年の初納車を見込んでいる。

・従来車の変換も

Jaguarは昨年、「E TYPE ZERO」としてコンセプトを発表していて、今回、本格生産に向けゴーサインが出たことになる。Jaguarファンにとっては待望のニュースだろう。

また、すでにEタイプを所有している人にとっても耳寄りな情報が含まれている。それは、従来のEタイプをEV車へと改造する作業も行うというものだ。

生産・改造などの作業は、通常のEタイプが保存されているJaguarクラシック施設で行われ、電動Eタイプの最初の納車は2020年夏の予定だ。

・I-PACEをベースに

電動Eタイプの特徴は、通常のEタイプと外観や性能が変わらないこと。電動化にあたっては、現在開発中の電動SUV「I-PACE」をベースにする。

今回の発表ではスペックなど詳細は明らかにしていないが、昨年のコンセプト段階では時速0~100キロメートルの加速にはわずか5.5秒しかかからず、これはオリジナルシリーズ1 Eタイプよりも速い。

また、6~7時間で充電できる40kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は約270キロとなっている。こうした性能はあくまでもコンセプトであり、変更される可能性はある。

多くのEV車が次々と発表される中で、最近はスポーツカー、スーパーカーのEV化も目立つ。そこにEタイプも参戦するとなれば、ますます競争は激しくなりそうだ。

Jaguar
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報