海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up スマホアプリで自動決済!米サンフランシスコに「レジレスストア」がオープン

Start Up

スマホアプリで自動決済!米サンフランシスコに「レジレスストア」がオープン

店舗向けの次世代型レジレス買い物ソリューションを開発する米国のスタートアップ企業「Zippin(ジッピン)」は、2018年8月、独自のソリューションをデモンストレーションするコンセプトストアをサンフランシスコに開設した。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
店舗向けの次世代型レジレス買い物ソリューションを開発する米国のスタートアップ企業「Zippin(ジッピン)」は、2018年8月、独自のソリューションをデモンストレーションするコンセプトストアをサンフランシスコに開設した。

・カメラとセンサーが買い物アイテムを自動認識

利用者は、スマートフォンに専用スマホアプリをダウンロードし、事前に決済手段を登録しておくことが必要。

店舗では、入口付近にあるセキュリティゲートにスマホアプリのQRコードをかざすと入店でき、冷蔵庫や商品棚から欲しい商品を選んでいく流れだ。

店内に設置されたカメラと冷蔵庫や棚のスマートセンサーは、各利用者の動きを常時追跡し、選んだ商品やその数量を正しく認識。

これらの買い物データはリアルタイムでオンライン上のバーチャルカートに反映された上で、自動で決済され、利用者が退店すると、スマホアプリ上にレシートが表示される仕組みとなっている。

なお、このコンセプトストアは、現在、招待制で試験的に運営されているが、9月中旬には、一般の消費者も利用可能となる見込みだ。

・レジレスストアでの決済規模は2020年までに8兆円超へ

米商務省によると、2018年第二四半期時点で小売売上高におけるEC比率は9.0%で、依然として実店舗での売上が全体の90%以上を占める。

それゆえ、従来のレジを必要としない“レジレス店舗”をはじめ、近年、最新テクノロジーを活用した次世代型店舗の研究開発もすすんでおり、英市場調査会社「Juniper Research」では、“レジレス店舗”での決済規模が2022年までに780億ドル(8兆6580億円)を超えると予測。

2018年1月には、アマゾン・ドットコムが米シアトルにレジのない無人スーパーを開設し、話題となった。

今後、米国を中心に、レジのない次世代型店舗がますます増えていきそうだ。(文 松岡由希子)

Zippin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報