海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ソーラー電力を動力源とするエネルギー自立型ドローンがアジアで初めて開発される

Tech

ソーラー電力を動力源とするエネルギー自立型ドローンがアジアで初めて開発される

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、太陽光で発電したエネルギーのみを動力源とするエネルギー自立型ドローン(無人航空機・UAV)をアジアで初めて開発。 2018年8月、試作機を10メートルの高度で飛行させることに...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、太陽光で発電したエネルギーのみを動力源とするエネルギー自立型ドローン(無人航空機・UAV)をアジアで初めて開発。

2018年8月、試作機を10メートルの高度で飛行させることに成功した。

・ソーラー電力だけで飛行するエネルギー自立型ドローン

このドローンは、4つのローターが搭載された“クワッドロータードローン”で、遠隔操作によって制御できるほか、GPSシステムを使って自律飛行させることもできる。

上部には、4平方メートルにわたって148枚のシリコン太陽電池が配置されており、これらの太陽電池が太陽の光エネルギーから電気に変換し、ドローン飛行に必要な電力を供給する仕組み。

炭素繊維を素材とし、2.6キログラムと軽量なのも特徴だ。

・晴天であれば何時間でも飛行可能

太陽光を活用したこのエネルギー自立型ドローンは、必要なエネルギーをバッテリーでまかなう従来のドローンと異なり、バッテリーの充電量の制約を受けず、晴天である限り、何時間でも飛行できるのが利点だ。

また、このドローンにバッテリーを装着し、曇天や夜間での飛行に備えて、太陽電池で発電したエネルギーを充電しておくこともできる。

研究チームでは、上空からの測量や捜索活動などのほか、被災地まで飛行させ、非常用電源としても活用できると期待を寄せており、今後、試作機をベースにさらなる効率性の向上をはかり、実用化につなげたい方針だ。(文 松岡由希子)

National University of Singapore
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報