海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech SF映画の世界が現実に?アメリカのハイテク企業でマイクロチップインプラントの導入を開始

Tech

SF映画の世界が現実に?アメリカのハイテク企業でマイクロチップインプラントの導入を開始

体内に埋め込まれたマイクロチップで、住居への入退室や公共交通への乗車ができるマイクロチップインプラント。ここ1、2年で、ぐっと利用者数が増え、積極的に導入する企業も出始めている。 アメリカ、ウィスコンシン州のハイテク企業...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
体内に埋め込まれたマイクロチップで、住居への入退室や公共交通への乗車ができるマイクロチップインプラント。ここ1、2年で、ぐっと利用者数が増え、積極的に導入する企業も出始めている。

アメリカ、ウィスコンシン州のハイテク企業スリースクエアマーケットも、その1つ。この夏から、従業員の体内に埋めたRFID(無線周波数識別)チップによって、社内の施設やコンピューターへのログインができるシステムを採用したという。

・マイクロチップを埋めるのが当たり前になる!?

同社は、本件に関するプレスリリースを、7月下旬に配布。CEOのトッド・ウェストビー氏は、マイクロチップインプラントの可能性について、「オフィスの休憩室での商品購入、ドアの開閉、コピー機の使用、オフィスコンピュータへのログイン、電話機のロック解除、名刺の共有、医療・健康情報の管理まで、あらゆるものを動かすため、RFID技術の使用が予測される」とコメント。「この技術はいずれ標準化され、パスポートや公共交通機関はもちろん、すべての購買に、利用できるようになるだろう」と述べた。

・本社従業員のうち50人近くが同意


インプラントは強制ではないが、スリースクエアマーケット内ではすでに、本社従業員80人のうち50人近くが、チップ埋没手術を受けているとのこと。ヨーロッパを中心に、じわじわと浸透しつつあるマイクロチップインプラント。SF映画の世界だけのこと、と傍観してはいられない様子。日本でもそのうち、「手首をかざしてピッ」なんて日が、遠からず来るかもしれない。

souce by salon.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報