海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ボンドカーが復活! アストン・マーティン、25台限定の「Goldfinger」生産へ

Tech

ボンドカーが復活! アストン・マーティン、25台限定の「Goldfinger」生産へ

根強いファンを持つスパイ映画「007」シリーズ。主人公のジェームズ・ボンドが颯爽と乗るボンドカーを覚えている人もいるかと思う。 そのボンドが映画「007 Goldfinger」などで愛用したアストン・マーティンDB5sの...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
根強いファンを持つスパイ映画「007」シリーズ。主人公のジェームズ・ボンドが颯爽と乗るボンドカーを覚えている人もいるかと思う。

そのボンドが映画「007 Goldfinger」などで愛用したアストン・マーティンDB5sのレプリカが25台限定で復活する。

・1964年モデルを再現

DB5sは映画用にアストン・マーティンが特別製造したものだけに、今回のレプリカはかなり本物に近い。

今回のレプリカでは、映画製作元のEONプロダクションの協力を得て1964年モデルのスペックが再現され、色ももちろんシルバーだ。

・回転式のナンバープレート

残念ながら公道を走ることはできないが、本物さながらの仕掛けが施されているのがこのレプリカの魅力。実物さながら、3種から選べる回転式のナンバープレートが装備される。

その他の詳細は明らかにされていないが、映画では発煙筒やオイル散布装置、防弾スクリーンなどを操作するボタンが搭載されていて、そうしたものも再現されるのではと期待がかかる。

アストン・マーティンは高級車メーカーであり、デラックスな車を数多く展開しているが、今回のレプリカはかなりのレアもの。

それだけにお値段は税抜きで275万ポンド(約3億9000万円)と、超がつく高級車となる。1台目の引き渡しは2020年を見込んでいるという。

Aston Martin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報