海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 次世代 iPhoneに適用か?アップル、新たにコード部分の特許を申請!

Enterprise

次世代 iPhoneに適用か?アップル、新たにコード部分の特許を申請!

iPhoneやiPad等に採用されているライトニングケーブルは、使い勝手がいい反面、他社製品に比べて、やや脆いという弱点がある。長年愛用しているユーザーでさえ、“欠点の1つ”として、その脆弱さを指摘している。アップル社も...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneやiPad等に採用されているライトニングケーブルは、使い勝手がいい反面、他社製品に比べて、やや脆いという弱点がある。長年愛用しているユーザーでさえ、“欠点の1つ”として、その脆弱さを指摘している。アップル社も、この点を改良したかったのだろう。新たに、コード部分に関する特許を申請した。

・信頼性の高さを強調

申請書には、コードがどのように使用されるのかという説明と、対象となるデバイスが記載されている。ポータブルコンピューティングデバイス、タブレットコンピュータ、デスクトップコンピュータ、ウェアラブルコンピューティングデバイス、携帯電話、スマートフォン、充電器など、さまざまな機器に適用可能だとのこと。

同社はまた、「これらのコネクタインサートは、信頼性が高く、魅力的な外観を持ち、容易に製造可能」と記述。これまでの欠点を補うプロダクトであることを、強調しているかのようだ。

・新製品への採用はいかに?

新型iPhoneの発売が待たれるアップル。今回の特許も、新製品の生産を踏まえてのことなのだろうか。その答えが出るのは、もう少し先。秋の正式発表を待ちたい。

souce by theoutline.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報