海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 米Sprintと韓国LG、5G対応スマホを2019年上半期に発売へ

Tech

米Sprintと韓国LG、5G対応スマホを2019年上半期に発売へ

ソフトバンググループ傘下の米Sprintと、韓国の大手家電メーカーLGは、次世代通信規格5G に対応するスマートフォンを米国で2019年上半期に発売すると発表した。 メジャーな携帯端末メーカーと通信キャリアがタグを組むこ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンググループ傘下の米Sprintと、韓国の大手家電メーカーLGは、次世代通信規格5G に対応するスマートフォンを米国で2019年上半期に発売すると発表した。

メジャーな携帯端末メーカーと通信キャリアがタグを組むことで、5Gスマホ時代の幕開けがいよいよ現実味を帯びてきた。

・まずは通信網を整備

すでに両社ともそれぞれの分野で開発を進めている。Sprintはカバーエリアのせまい基地局となる屋外用スモールセルを1万5000設置。

加えて、家の中に設置できる箱型の基地局「マジックボックス」を全米に6万5000個を展開するなどしてエリアカバレッジを拡大させる。

まずは2019年初めに5Gネットワークの提供を開始する見込みだ。

・発売日は後日発表

一方のLGは、端末のテクニカルデザインを手がけているとのこと。デバイスの具体的スペックや発売日などは今後発表する。

5Gネットワークや対応スマホの開発をめぐっては、Tモバイルがノキアと提携するなど、各社がタグを組んでしのぎをけずる構図となっている。

もっとも、5G整備が進むのは米国だけではない。日本では東京オリンピックが開催される2020年のサービス開始が見込まれ、韓国や中国でも急ピッチで基地局設置などが進んでいる。

高速通信を実現する5Gは大きな需要が見込まれるが、今後は5G普及率を各国が争うことにもなりそうだ。

Sprint
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報