海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 車を停めるだけでロボットアームがEVを自動給電するシステムが開発中

Tech

車を停めるだけでロボットアームがEVを自動給電するシステムが開発中

電気自動車(EV)がガソリン車に取って代わりつつある。そのEVライフの利便性をアップさせるシステムがオーストリアで開発中だ。 なんと充電ステーションにEVを停めるだけで、備わったロボットが車種を特定して自動で給電してくれ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)がガソリン車に取って代わりつつある。そのEVライフの利便性をアップさせるシステムがオーストリアで開発中だ。

なんと充電ステーションにEVを停めるだけで、備わったロボットが車種を特定して自動で給電してくれるというものだ。

・カメラで車種を判別

このシステムのポイントは、ユーザーが車から降りて充電器のノズルを車にさしこんだりする必要がないこと。人に代わってロボットが全てを行う。

これを可能にしているのが、システムに搭載されたいくつかのカメラ。画像を通して車のメーカーやモデルを判別し、それをもとに給電口の場所を特定する。

車のモデルによって給電口の場所は異なるが、このシステムではそうした問題もクリアし、さまざまなメーカーのものに対応できるという。

・車を降りる必要なし

また、このシステムでは急速充電を採用していて、充電にかかる時間は短い。ドライバーは大まかにスポットに駐車して給電口の扉を開けば、ロボットがあっという間に充電し、最後は給電口の扉まで閉めてくれる。

つまり、スタッフがいるガソリンスタンドで、ドライバーが車を降りることなく給油されるような感覚でEVを充電できることになる。

このシステムはオーストリアのグラーツ工科大学のチームがBMWやMAGNA Steyr Engineering、オーストリア自動車技術会などの協力を得て開発を進めている。

実際にこのシステムがどう作動するのか、気になる方はこちらのリンクから映像をみてほしい。

グラーツ工科大学
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報