海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Tesla、米国で“150マイル以内にEV 充電ステーションSupercharger”を実現

Tech

Tesla、米国で“150マイル以内にEV 充電ステーションSupercharger”を実現

電気自動車(EV)の普及の鍵を握る充電施設の設置。米国の代表的EVメーカー、Teslaは専用の急速充電ステーションSuperchargerを次々にオープンさせている。 その甲斐あって、現在、米国では米国民の99%が150...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)の普及の鍵を握る充電施設の設置。米国の代表的EVメーカー、Teslaは専用の急速充電ステーションSuperchargerを次々にオープンさせている。

その甲斐あって、現在、米国では米国民の99%が150マイル(約240キロ)以内にSuperchargerがある状態にまで増えているのだという。

・世界に1339カ所設置

Teslaを含め、技術の進歩でEVの航続距離は延びつつあるが、それでも充電施設の普及は必須だ。現状ではガソリンスタンドには及ばない。

そうした状態を覆そうとしているのがSuperchargerの設置だ。Teslaによると、現在、全世界1339カ所にステーションがあり、Supercharger1万836基が稼働しているとのこと。

・全米をほぼ網羅

中でも最も集中的に展開しているのがお膝元の米国だ。マップだと一目瞭然だが、内陸部より沿岸部に集中しているものの、全米をほぼ網羅している。

Teslaのツイートによると、米国民の99%が150マイル以内にSuperchargerがある状態となっている。しかも建設中のステーションも数多くあり、今後ますます利便性が向上することが見込まれる。

ガソリン車から電気自動車へと転換期を迎えつつあるなかで、Superchargerのような充電ステーションがあちこちに見られる時代はすぐそこまできているのかもしれない。

Tesla
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報