海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 国境を越えて荷物を追跡できる小型ガジェット「Locca」、通話ができるタイプも

Start Up

国境を越えて荷物を追跡できる小型ガジェット「Locca」、通話ができるタイプも

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Loccaスーツケースなどの荷物やペットの首輪につけて位置情報を追跡できるガジェットがこのところ相次いで発売されているが、新たに「Locca」が登場した。現在、プロジェクト支援サイト「Indiegogo」で資金を募集中で、同様の機能を持つ製品(TileやProtagなど)に比べ追跡できる範囲が広く、北米とヨーロッパで国境を越えてリアルタイムに荷物などの在処を確認できる。

前述したTileとProtagはLoccaと同様スマートフォンなどの端末と連動するが、ガジェットと端末の距離に制限があり、Tileが100−150フィート、Protag が100フィートとなっている。それに比べ、LoccaはAGPS、GSM(デジタル移動通信システム)などを活用していて、北米とヨーロッパ内であれば荷物を追跡できる。例えば、スペインで失くした荷物の在処を、米国にいながら追跡できたりする。そして来年以降、さらにエリアを拡大する方針だ。

Loccaのもうひとつの特徴が小型ということ。開発チームによると、同種のガジェットとしては「世界最小」という。Loocca Phoneの大きさは7.3センチ×4センチ×2.2センチで60グラム。Locca Miniはさらにひとまわり小さく4.3センチ×3センチ×1.8センチ、23グラムでキーホルダーにつけて利用することもできる。Loocca Phoneは名称の通り通話もできるタイプで、特定の番号にすぐに電話をかけられる短縮ボタン機能や、緊急事態を知らせるボタンもあり、開発チームは「子どもや高齢者に持たせるのに最適」としている。

Indiegogoでは特別価格で提供していて、6カ月間の使用料込みでLocca Miniが99ユーロ、Loocca Phoneは149ユーロからとなっている。7カ月目以降は月額使用料9.9−14.9ユーロがかかる。

LoccaMini & LoccaPhone: the world's smallest and most sophisticated locators from Locca Locator on Vimeo.



Locca
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報