海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 100人が同時に文書に書き込みできるiPadアプリ「Share Anytime」リリース

Mobile

100人が同時に文書に書き込みできるiPadアプリ「Share Anytime」リリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share Anytime最大100人規模のユーザーが端末上で同時にドキュメントに手書きで書き込みができるというグループコミュニケーションアプリ「Share Anytime」が9日、サービスを開始した。Microsoft WordやExcelといった文書やPDFなどをリアルタイムで共有でき、複数ページにも対応する。いくつもの拠点をつないでの会議や授業などに活躍しそうだ。

デジタルノートアプリや手書きノートアプリなどを展開するMetaMoji(東京)が開発・リリースした。書き込まれたデータだけをサーバーに送ることで、書き込み内容のリアルタイム反映が可能となっている。

使うには、まず会議などの主催者が、共有したいファイルをShare Anytimeで読み込むか新規作成し、会議名などを冠した「シェアノート」を作成する。そのシェアノートを参加者にメールなどで送り、受け取った人がシェアノートを読み込むだけでサーバーとの通信が開始する。シェアするドキュメントにはテキストや手書き文字の書き込みが可能で、参加者なら誰でも操作できる。例えば点在する事務所を結んでの電話会議の場で、データ一覧やグラフ、図面などのドキュメントに参加者が書き込みながらディスカッションができるので、効率的に進められる。

Share Anytimeは700円だが、今なら発売を記念して170円となっている。1カ月分の「シェアサービス利用権」が付いていて、データ転送量1GBまでなら会議が無制限に開催でき、2カ月目以降はデータ転送量に応じた利用料が発生する。一方、10回までの会議開催といった制限付きの無料版も用意されている。今回はiPad用アプリのみの発表だが、iPhone版、Windows版、Android版を年内に順次リリースする予定という。

MetaMoji
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報