海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 飲食店の厨房排気から熱エネルギーを回収・再利用する世界初のソリューション

Start Up

飲食店の厨房排気から熱エネルギーを回収・再利用する世界初のソリューション

スウェーデンのスタートアップ企業「Enjay」が開発をすすめる「Lepido」は、飲食店が排出する厨房排気から熱エネルギーを回収し、再利用する世界初のソリューション。 回収した熱エネルギーを暖房などに再利用することができ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スウェーデンのスタートアップ企業「Enjay」が開発をすすめる「Lepido」は、飲食店が排出する厨房排気から熱エネルギーを回収し、再利用する世界初のソリューション。

回収した熱エネルギーを暖房などに再利用することができ、電力消費量の軽減につながるのが利点だ。

・飲食店の厨房排気から熱エネルギーを取り出し、暖房に再利用

飲食店から日常的に排出されている厨房排気は、すすや油などが含まれているため、熱エネルギーを回収するには適さないと考えられており、厨房排気に含まれる熱エネルギーは、排気口から大気中にそのまま放出されている。

そこで、「Enjay」は、飲食店の既存の排気ダクトに導入できる、厨房排気に特化した排気熱回収システム「Lepido」を開発した。

「Lepido」は、ダクト部分とヒートポンプ部分で構成。ダクト部分に厨房排気が流入すると、ヒートポンプ部分が熱エネルギーを集め、エネルギー消費効率(COP)を最適化しながら、暖房システムにこのエネルギーを供給する仕組みとなっている。

また、「Lepido」には、1日1回、ダクト部分に残った油を乳化処理する“セルフクリーニング機能”が備わっており、メンテナンスの手間なく、きれいな状態を保つことができる。

・寒冷地の飲食店にニーズあり!?


1日あたり15時間営業するスウェーデン南部のバーガーキング(Burger King)で「Lepido」の実証実験を行ったところ、年間8万5000キロワット時から11万5000キロワット時相当の熱エネルギーを再利用できた。

「Enjay」では、北欧をはじめ、西ヨーロッパの寒冷地にある飲食店で、「Lepido」のニーズがあると見込んでおり、本格的な量産化をすすめている。(文 松岡由希子)

Enjay
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報