海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 自宅でビールを醸造できる「Brewbot」 スマホで温度や水量を管理

Start Up

自宅でビールを醸造できる「Brewbot」 スマホで温度や水量を管理

仕事や家事で1日頑張った最後には、ビールを飲むのが毎日の楽しみだという人もいるかもしれない。近頃は地ビールも人気が高いが、このビール、もし自分の家で造れるとしたらどうだろう。とはいえ、一般的にビール造りには知識や経験が必...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Brewbot仕事や家事で1日頑張った最後には、ビールを飲むのが毎日の楽しみだという人もいるかもしれない。近頃は地ビールも人気が高いが、このビール、もし自分の家で造れるとしたらどうだろう。とはいえ、一般的にビール造りには知識や経験が必要で、科学的なプロセスを経て、忍耐強く作業をこなさなくてはならないもの。

そんな悩めるビール好きのために、「Brewbot」という自家醸造用ツールがイギリスで開発されているという。ビール造りの工程を単純化し、自動でビールの醸造が可能になる装置だ。もちろん、特別な知識もトレーニングも必要なく、装置とスマートフォンさえあれば、誰でも自宅でビールを造れるようになる。

「Brewbot」には専用のアプリがあり、スマートフォンと醸造用装置をBluetoothを経由して接続する。アプリにはビール造りのレシピが用意されており、スマートフォンと接続した後、ビールの材料を装置にセット。“Start Brew”ボタンをタップすると、自動的に規定量の水が加えられ、適温まで熱せられる。温まった麦汁は100度から22度まで冷やされ、醸造できる状態になる。ホップは光、特に紫外線に反応してしまうため、透明性のないタンク内で貯蔵され、飲み頃になるまで醸造が進んでいけば出来上がり。

水量や醸造の温度設定など、すべてスマートフォンの画面上で確認、操作が可能で、装置のリモコンとして、スマートフォンを活用する。「Brewbot」は現在プロトタイプが完成し、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催している。ビール好きな人なら、自分で造った愛着ある“地ビール”を、自宅でゆっくり飲むことは、この上もない贅沢な時間となりそうだ。

Brewbot
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報