海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Virgin Hyperloop One、2020年までにスペインに研究施設開所へ

Tech

Virgin Hyperloop One、2020年までにスペインに研究施設開所へ

次世代交通システムのハイパーループ開発を行うVirginグループ傘下の米Virgin Hyperloop Oneは、スペインのアンダルシア地方に研究施設を設けると発表した。 ハイパーループシステムの部品の開発やテストなど...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代交通システムのハイパーループ開発を行うVirginグループ傘下の米Virgin Hyperloop Oneは、スペインのアンダルシア地方に研究施設を設けると発表した。

ハイパーループシステムの部品の開発やテストなどを行うのが目的で2020年までにオープンさせる。試走トラックなどは設置しないようだ。

・投資額556億円

スペイン政府と研究施設を設ける協定に調印した。Virgin Hyperloop One社にとっては、欧州における初の研究施設で、投資額は5億ドル(約556億円)にのぼる。

設置されるのはアンダルシア地方のBabadillaという小さな町。高度な技術を持ったエンジニアらを200〜300人を雇用する見込みだ。

・ハイテク交通産業の町

同社によると、Babadillaとその周辺には、交通やロジスティック関係の企業9000社が進出していて、スペインにおける航空産業第二の集積地でもあるという。

CEOのRob Lloyd氏は発表文の中で「先端技術開発を行うのにスペインは理想的な場所」とコメントしている。

一方、同じくハイパーループを開発する米Hyperloop Transportation Technologies社はフランス・テゥールーズに走行試験を行う施設を建設中だ。こちらで使う車両はスペインで建造する。

両社とも、中東やインドなど米国外での建設計画が明らかになりつつあるが、米国と欧州がその開発や導入を支えることになりそうだ。

Virgin Hyperloop One
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報