海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 味覚をハッキングする電気箸で、塩味や苦みも錯覚させられるかも

Tech

味覚をハッキングする電気箸で、塩味や苦みも錯覚させられるかも

健康的だと思われがちな日本食だが、塩分含有量が多すぎるとの指摘もある。ただ、塩分の過剰摂取が命を縮めることはわかっていても、日々の食事をおいしく食べるために塩味は欠かせないだろう。 悩ましいこの状況を解決してくれるかもし...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
健康的だと思われがちな日本食だが、塩分含有量が多すぎるとの指摘もある。ただ、塩分の過剰摂取が命を縮めることはわかっていても、日々の食事をおいしく食べるために塩味は欠かせないだろう。

悩ましいこの状況を解決してくれるかもしれない技術がでてきた。

米メーン大学の研究者が、電流により味蕾を刺激することで擬似的に味覚を再現する方法を思いつき、実際に電極を埋め込んだ箸で味覚をハッキングしたのだ。

箸から塩味を与えることができれば、健康的においしい食事が楽しめるかもしれない。

・基本味5つのうち3つを再現

研究者は、電気の周波数、電極の素材、舌の刺激位置などさまざまなパラメーターを変えながら味覚の再現を探求。結果、基本味の5つのうちの3つ、「塩味」「酸味」「苦味」を再現する方法を発見した。

「甘味」を作り出すのは難しく、「うま味」については被験者によって感じ方があいまいだったためにテストできなかった。

そして興味深いことに、これまでいわれてきた、偏りある受容体の分布と関係なく、舌のどの部分でも味の再現が可能だったとのこと。

・おわんやボトル、スプーンでも

ただし、電気箸による味覚の再現が確認できたからといって、実際の食事場面に塩味をだすのはそう簡単にはいかないようだ。

舌に電流を流すには2つの電極に接触する必要があるが、想像してもらえばわかるように食事では箸が常に舌に触れているとは限らない。

そこでまず、おわんでスープを飲む際に味を再現し、これをボトルやストロー、スプーンに拡げた。グラスでの味覚増強も可能で、これを利用すればネットで友人に仮想カクテルを送ることもできるという。

電気箸については、塩なしマッシュポテトをおいしく食べてもらうことに成功しているが、まだまだプロトタイプ。自然な食事場面で味が再現できる箸の登場に期待したい。

参照元:Hacking the Flavor of Food With Electric Chopsticks/IEEE Spectrum
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報