海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 米運送会社のUPSがロサンゼルスで電気トラックの実証実験に着手

Enterprise

米運送会社のUPSがロサンゼルスで電気トラックの実証実験に着手

米貨物運送会社のUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は、2018年7月31日、米ロサンゼルスのスタートアップ企業「Thor Trucks」が開発する電気中型トラックの6台を試験的に導入し、カリフォルニア州ロサンゼル...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米貨物運送会社のUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は、2018年7月31日、米ロサンゼルスのスタートアップ企業「Thor Trucks」が開発する電気中型トラックの6台を試験的に導入し、カリフォルニア州ロサンゼルスで6ヶ月にわたる実証実験を行うことを明らかにした。

・ロサンゼルスで電気トラックの実証実験に着手


UPSでは、電気、ハイブリッド、エタノール、天然ガスなど、代替燃料を用いた次世代型車両の導入に積極的に取り組んでおり、これまでにおよそ9300台の低排出ガス車を導入。

2018年2月に、電気トラック50台の導入について、米オハイオの電気トラックメーカー「Workhorse Group」との提携を発表したほか、2018年5月には、英テクノロジー企業「ARRIVAL」と共同で、ロンドンおよびパリでの電気トラック35台の実証実験に着手している。

このほど採用された「Thor Trucks」の電気中型トラックは、「Thor Trucks」が開発する軽量で耐久性の高いバッテリーが特徴で、1回の充電で約100マイル(約161キロメートル)を走行可能。

UPSは、実証実験を通じて、電気中型トラックの耐久性やバッテリー容量などを評価し、本格導入の是非を判断する方針だ。

・電気トラックの需要は2026年までに大幅増加の見込み

米市場調査会社「Navigant Research」では、電気中型トラックおよび電気大型トラックの年間販売台数が、2016年時点の約3万1000台から2026年までに33万2000台規模へと大幅に増加すると予測。

このような市場動向を反映し、2017年以降、米テスラの「Tesla Semi」や独ダイムラーの「Freightliner eCascadia」など、新たな電気トラックが次々と発表されている。

運送業界におけるEV化は、今後、ますます加速していきそうだ。(文 松岡由希子)

UPS
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報