海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 日本経済新聞社、個人クリエイター投稿サイト「note」と資本業務提携を開始

Enterprise

日本経済新聞社、個人クリエイター投稿サイト「note」と資本業務提携を開始

日本経済新聞といえば、ビジネス界の情報を広く深く掘り下げていち早く世間に伝える、新聞界の雄。日経新聞を発行している日本経済新聞社がスポンサーをしている「日経スペシャル ガイアの夜明け」というTV番組を見ている読者も多いの...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞といえば、ビジネス界の情報を広く深く掘り下げていち早く世間に伝える、新聞界の雄。日経新聞を発行している日本経済新聞社がスポンサーをしている「日経スペシャル ガイアの夜明け」というTV番組を見ている読者も多いのではないだろうか。

・日経新聞社、個人クリエイター発信サイト「note」に3億円出資

その日経新聞社が、個人クリエイターの発信サイト「note」と資本業務提携をスタートした。「note」を運営するピースオブケイクが7月に実施した第三者割当増資の一部を日経新聞社が引き受け、社外取締役として、日経新聞社常務取締役の渡辺洋之氏が就任。出資額は3億円だという。

日本経済新聞社は1876年に創業し、日本経済新聞の発行部数は現在約242万部、約1300人の記者が記事の執筆を担当している。2010年3月創刊の「日本経済新聞 電子版」の有料会員数は約60万人、有料、無料登録を合わせた会員数は400万人を突破している。

「note」では、個人の各クリエイターが文章、写真、イラスト、音楽、映像といったコンテンツを発信しており、2000年代以降に成人した「ミレニアル」世代を中心に、月間600万人超のユーザーが閲覧。

・クリエイター、コンテンツを活用し、若年層ビジネスパーソンへ訴求

両社の提携により、ソーシャルサービスを活用し若年層に影響力を持つ「note」の人材やコンテンツを、日経が運営するメディア、イベントなどにも登用するなど、お互いの強みや利点をいかして、若年層ビジネスパーソンへの積極的なリーチ拡大を図るのが目的だ。

ピースオブケイク社代表取締役の加藤貞顕氏は、「今回の提携により、我々のサービスを利用するクリエイターが、ビジネスという新しい活躍の舞台を得られます。新しいものをつくる、次代のリーダーとなる人々が、活躍する場を一緒に作っていければと思います」とコメントをしている。

日本経済新聞
ピースオブケイク
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報