海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 不動産データベースのZillow、賃貸申し込みや家賃支払いができるツールの提供開始

Tech

不動産データベースのZillow、賃貸申し込みや家賃支払いができるツールの提供開始

不動産データベースを扱う米国のZillowは、物件探しをする人は必ずチェックするといってもいいほどメジャーなサイトを展開している。扱う物件は1億件超ともいわれている。 そのZillowはこのほど、賃貸の申し込みや家賃の支...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産データベースを扱う米国のZillowは、物件探しをする人は必ずチェックするといってもいいほどメジャーなサイトを展開している。扱う物件は1億件超ともいわれている。

そのZillowはこのほど、賃貸の申し込みや家賃の支払いができるツールの提供を開始した。

・身元チェックも

米国と日本では、住まい探しから契約に至るまで一連のプロセスは大きく異なるが、共通するのはその手続きの煩雑さ。日本であれば、保証人をたてたり保証会社を利用したりして契約し、そして家賃引き落としの手続きをしたりする。それらに類似する米国での手続きを一気に行えるのが新ツールだ。

具体的には、住まいを探している人は1カ月以内に借りたいという物件の申し込みができ、クレジットヒストリーや身元などのチェックも受けられる。

そこで条件などが折り合えばスムーズに入居までもっていける。つまりワンストップサービスなのだ。

・利用料は3200円

加えて、家賃の支払いまでオンラインでできるようになり、小切手を発行するといった手間が省けるのも大きなメリットだ。

このツールは有料で29ドル(約3200円)かかる。しかし、クレジットヒストリーなどのチェックは通常50〜100ドル(約5600〜1万1000円)かかることや、賃貸申し込みの情報を一元管理できることなどを考えると、おトクといってもいいだろう。

とかく煩雑になりがちな賃貸契約だが、日本でも物件探しから内見申し込み、契約、そして支払いまで一カ所でできるサービスのニーズはあるのではないだろうか。

Zillow
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報