海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise みずほ銀行とJR東日本が「Mizuho Suica」を提供開始、銀行口座からチャージ可能で小額決済がますます便利に

Enterprise

みずほ銀行とJR東日本が「Mizuho Suica」を提供開始、銀行口座からチャージ可能で小額決済がますます便利に

交通機関の利用、店舗での小額決済などに使えるSuicaやPASMOといったICカードを、毎日手放さずに持ち歩いている人も多いだろう。通勤や通学だけでなく、自動販売機やコンビニなど、電子マネーとして利用できる用途も増え、ま...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
交通機関の利用、店舗での小額決済などに使えるSuicaやPASMOといったICカードを、毎日手放さずに持ち歩いている人も多いだろう。通勤や通学だけでなく、自動販売機やコンビニなど、電子マネーとして利用できる用途も増え、ますます便利に使えるようになった。

・みずほ銀行とJR東日本の電子マネー「Mizuho Suica」はカード発行不要

みずほ銀行と東日本旅客鉄道は、2006年からモバイルSuicaへの銀行チャージサービスで連携を開始している。このたびキャッシュレス化をさらに進めるため、2018年8月からカード発行不要の電子マネー「Mizuho Suica」の提供をスタートした。「Mizuho Suica」はみずほWalletアプリから即時で発行可能で、チャージはみずほ銀行口座、Apple Payなどからおこなえるという。

従来のSuicaのチャージ方法は、現金で駅の券売機やコンビニでチャージするか、クレジットカードからチャージをするというものだった。Suicaは1000円以下の小額決済に使われることが多く、小銭をもたなくて済むというのが大きなメリットだ。

コインレス化を進め、キャッシュレスで決済をもっと手軽に利用したいというニーズに応えるべく、「Mizuho Suica」が誕生した。みずほ銀行の口座から直接チャージが可能になり、発行からチャージ、支払いまでの全てをiPhoneひとつで、キャッシュレスで完了できる。チャージ方法としては他にも、Apple Pay、現金でもおこなえる。

・利用するには、みずほ銀行口座とiPhoneなどが必要

サービスの利用には、みずほ銀行口座を保持していること、iPhoneやApple Watchデバイスを保持していることが前提だ。まず、みずほWalletアプリをダウンロード。次に、Mizuho Suicaをアプリ上に発行、登録する。Mizuho Suicaに銀行口座からチャージを完了したら、全国のIC端末にiPhoneをかざすだけで決済が可能。

もちろん、Mizuho SuicaはIC乗車券としても使えるのでご安心を。iPhoneユーザーにとっては、ますます小額決済がお手軽になりそうだ。

みずほ銀行
東日本旅客鉄道株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報