海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ブロックチェーンを活用し、豪州からドイツまでのアーモンドの輸送プロセスを追跡

Enterprise

ブロックチェーンを活用し、豪州からドイツまでのアーモンドの輸送プロセスを追跡

オーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)は、2018年7月30日、豪企業5社との提携のもと、ブロックチェーンをベースとする貿易プラットフォームによって、豪南東部ビクトリアからドイツ北部ハンブルグに出荷されたアーモンド...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)は、2018年7月30日、豪企業5社との提携のもと、ブロックチェーンをベースとする貿易プラットフォームによって、豪南東部ビクトリアからドイツ北部ハンブルグに出荷されたアーモンド17トンの輸送プロセスの追跡に成功したことを発表した。

・ブロックチェーンの活用により、サプライチェーンを可視化

この試験的プロジェクトには、オーストラリア・コモンウェルス銀行のほか、アーモンドを生産するオラム・オーチャード・オーストラリア、貨物鉄道事業者のパシフィック・ナショナル、メルボルン港、コンテナターミナルを運営するパトリック・ターミナルズ、物流会社のOOCLが参加。

また、ハードウェアやソフトウェアのサポートは、豪IoTプロバイダー「LXグループ」が担当した。

この貿易プラットフォームは、イーサリアム(Ethereum)をベースとし、分散台帳技術(DLT)や、契約のスムーズな検証や実行を可能とする「スマートコントラクト」、IoT(モノのインターネット)といった最新技術によって、貿易業務などを効率化するとともに、一連のサプライチェーンを可視化するのが特徴だ。

コンテナの内部には4台のIoTデバイスが装着されており、アーモンドの現在地のほか、コンテナ内の温度や湿度なども、リアルタイムで確認できたという。

・グローバライゼーション時代に求められるサプライチェーンの透明化

グローバライゼーションの広がりにより、国境を超えたサプライチェーンは、ますます複雑になっている。

ブロックチェーンを活用したこの貿易プラットフォームは、サプライチェーンの透明性を高めるのはもちろん、これらの情報を共有し合うことにより、サプライチェーンの効率化にも役立つと期待が寄せられている。(文 松岡由希子)

Commonwealth Bank of Australia
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報