海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech レモンでスーパーカーを動かす!?アメリカの科学者が世界最大のレモンバッテリー製作に挑戦

Tech

レモンでスーパーカーを動かす!?アメリカの科学者が世界最大のレモンバッテリー製作に挑戦

壁際にずらりと並んだ、おびただしい数のレモン。その正体はオブジェではなく、巨大なレモンバッテリー。電気自動車のエネルギーにするため、特別に製作したものだ。 ・パイクスピークのレース用バッテリーをめざして 突拍子もない実験...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
壁際にずらりと並んだ、おびただしい数のレモン。その正体はオブジェではなく、巨大なレモンバッテリー。電気自動車のエネルギーにするため、特別に製作したものだ。

・パイクスピークのレース用バッテリーをめざして

突拍子もない実験にチャレンジしたのは、マーク・ローバーという、アメリカの若き科学者。これまでに、仲間と協同でユニークな発電機を、数多く開発してきた。

今回の目的は、毎年コロラド州パイクスピークで開催される、自動車と二輪車のレース。そこに参加するフォルクスワーゲンの電気スーパーカーに、チャージャーとして利用してもらうためだ。

ここで応用しているのは、中学生の理科で習う、化学電池の仕組み。イオン溶液に2種類の金属を入れて、電流を生み出すというもの。この場合、イオン溶液に当たるのが、レモンの果汁。これを介し、銅をプラス極、亜鉛をマイナス極にして、電気を発生させる。

・実現はしなかった?

まずは、必要な数のレモン集めから。それが済んだら、レモン果汁を絞り出す装置作り。電気を作り出すため、果実を水溶液にしておく必要があるからだ。

電気はレモンから発生するのではなく、亜鉛と銅の電荷の違いから起きる、化学反応によって生じる。電子は銅側に移動したがるので、レモンジュースが媒介となり、電子を送り出す。ジュースの量が多いほど、電流も増えるというわけだ。

残念ながら、このバッテリー、実現はしなかった模様。レースの開催は、6月末。報道の中で、レモンバッテリーの話題が、どこにも出ていないところを見ると、成功しなかったのかもしれない。動画のほうも、さまざまな動力発電の紹介で締めくくられている。

これからも、いろいろな発明を、紹介してくれるだろう。ローバー氏の飽くなき挑戦は、まだまだ続きそう。

souce by boingboing.net
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報