海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 廃墟、売ります!東京ドーム26個分のゴーストタウンを販売する大胆なウェブサイト「Ghost Town for Sale」

Enterprise

廃墟、売ります!東京ドーム26個分のゴーストタウンを販売する大胆なウェブサイト「Ghost Town for Sale」

日本国内でも問題になっている、空き家の廃墟化。国土の広いアメリカの場合、その悩みはビッグサイズだ。町ごとゴーストタウンとなった場所が、山ほど存在するという。 ・約37万坪の町を建物ごと販売 そんな問題を解消しようと奮闘し...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本国内でも問題になっている、空き家の廃墟化。国土の広いアメリカの場合、その悩みはビッグサイズだ。町ごとゴーストタウンとなった場所が、山ほど存在するという。

・約37万坪の町を建物ごと販売


そんな問題を解消しようと奮闘しているのが、不動産会社Bishoprealestateだ。同社が試みた、大胆な販売法がちまたで話題に。なんと、社員のJake Rasmuson氏が、カリフォルニア州オーエンズバレーにある鉱山町、Cerro Gordoを売り出すサイトを立ち上げたのだ。

広さは、約300エーカー(約37万坪)。東京ドーム26個分に相当する。町内には、22戸の建造物があり、一般住宅の他、教会や工場も、そのままの状態で残されている。ほとんどが修復されているので、即入居も可能だそう。町はかつて、ロサンゼルスの経済の一端を担うほど栄えたが、今は住む人もなく、閑散としている。

・購入費用は約1億円


この広大な土地を購入するのに、必要な費用は約1億円。町を丸ごと買えると考えれば、安いのかもしれない。サイトを見る限りでは、売れている様子はないので、手に入れようと思えば、今すぐにでも入手できるだろう。

少子高齢化が進む現代。将来的に、空き家はどんどん増えていくと言われている。インターネット上で町を売るなんて、非難されそうな手法だが、こうでもしなければどうにもならない状況にあるのだろう。来たるべき未来のために、日本の不動産会社も、参考にするといいのかも。

Ghost Town for Sale
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報