海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 水上サイクリング用電動バイク「Manta 5」が新しい

Start Up

水上サイクリング用電動バイク「Manta 5」が新しい

自動車や自転車、スケートボードが電動化されつつあるように、水上の乗り物にも電動化の“波”が押し寄せている。 今回紹介する「Manta 5」は電動の水上バイク。自転車のようにサドルにまたがってペダルをこぐ仕様になっているが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車や自転車、スケートボードが電動化されつつあるように、水上の乗り物にも電動化の“波”が押し寄せている。

今回紹介する「Manta 5」は電動の水上バイク。自転車のようにサドルにまたがってペダルをこぐ仕様になっているが、バッテリーがアシストしてくれるので水の上を難なく移動できる。

・時速11〜14キロ

Manta 5は水中翼を備えていて、時速11〜14キロで走行できる。自転車のようにペダルをこいで前進するが、内蔵する400ワットのモーターがバッテリーで作動してペダルこぎをサポートしてくれる。

なので、少々波のあるところでも、必死になってこがなくてもいいわけだ。ジェットスキーのようにスピードのスリルは味わえないが、自分のペースでペダルをこぎながら周りの風景などをゆっくり楽しむにはうってつけそうだ。

・パーツに分解可

Manta 5はカーボンファイバー製で、航空機並みの強度を持つとのこと。重さは22キロとそれなりにあるが、車から岸までといった短い距離の運搬なら難なくできそう。

しかもManta 5はパーツに分解して現場で組み立てることができるので、車のトランクに入れて運搬できる。

水上サイクリングという新しいウォータースポーツを提案するManta 5はニュージーランドで製造され、NZ以外への発送にも対応する。価格や送料などは2018年後半に明らかになる見込みだが、現在、予約や問い合わせをメールで受け付けている。発送は2019年始めを予定している。

Manta 5
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報