海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 約4000キロを走破!自動運転型トラックトレーラーが米国でいよいよ実用化へ

Start Up

約4000キロを走破!自動運転型トラックトレーラーが米国でいよいよ実用化へ

a href=”https://techable.jp/wp-content/uploads/2018/07/180726embarktrucks2.jpg”>米サンフランシスコで2016年に創設...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
a href="https://techable.jp/wp-content/uploads/2018/07/180726embarktrucks2.jpg">米サンフランシスコで2016年に創設された「Embark Trucks(エンバーク・トラックス)」は、自動運転型トラックトレーラーの開発に取り組むスタートアップ企業だ。

2018年7月には米ベンチャーキャピタル「Sequoia Capital(セコイア・キャピタル)」らから合わせて3000万ドル(約33億円)を資金調達し、世界初となる自動運転型トラックの実用化をすすめている。

・高速道路の走行に特化した自動運転システム


「Embark Trucks」の自動運転システムは、高速道路での走行に特化しているのが特徴。

同乗する補助ドライバーは、物流拠点から高速道路までの一部の区間のみ運転を担当するため、限られた人員を効率的に配置し、安定的かつコスト効率のよい長距離輸送を実現できるのが利点だ。

「Embark Trucks」の公道テストでの走行距離は、すでに10万マイル(約16万キロメートル)を超えており、とりわけ、2018年2月に実施した公道テストでは、ロサンゼルスからフロリダ州ジャクソンビルまでの2400マイル(約3862キロメートル)を5日間かけて見事に走破した。

・慢性的なトラックドライバー不足を解決する手段に!?


米国では、物流を支えるトラックドライバーの慢性的な不足が深刻な課題となっており、アメリカトラック協会(ATA)によると、2017年末時点で、5万人規模の人員が不足しているという。

トラックドライバーの人材確保がより困難となるなか、「Embark Trucks」のような自動運転型トラックトレーラーは、ドライバー不足の課題を解決する手段としても注目されている。(文 松岡由希子)

Embark Trucks
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報