海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up AI搭載の監視カメラ「Litmor Capsule」は人の動きを識別して誤警報を抑制

Start Up

AI搭載の監視カメラ「Litmor Capsule」は人の動きを識別して誤警報を抑制

監視カメラを使っている人の多くが、誤警報を経験したことがあるのではないか。動物や枯葉の動きを感知したり、あるいは家族を不審人物とみなしたりしてアラームを出すといった類のものだ。 この誤警報を少なくできる、とうたうのがこの...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
監視カメラを使っている人の多くが、誤警報を経験したことがあるのではないか。動物や枯葉の動きを感知したり、あるいは家族を不審人物とみなしたりしてアラームを出すといった類のものだ。

この誤警報を少なくできる、とうたうのがこのほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した監視カメラ「Litmor Capsule」。人工知能(AI)アルゴリズムで、人とそうでないものの動きを分別でき、スマホと連携させることで家族を認識できるのだという。

・怪しい動きだけに反応

ほとんどの監視カメラには動きを感知するセンサーが搭載されている。これは不審な動きをキャッチするには不可欠だが、難点はあらゆる動きに反応すること。

つまり、野良猫がカメラの前を横切っても反応してユーザーにアラートを送り、中には葉が舞ってもアラートを出すものもある。

そこでLitmor CapsuleではAIで動きを分析し、人の動きかどうかを認識できるようにしている。加えて、人の動作の中でも、通常の動きと怪しい動きを識別できるのだという。

また、Litmor Capsuleとユーザーのスマホを連携させることで、スマホが出す無線周波数でユーザーかどうかを認識することも可能とのこと。

・インターホン的にも使える

監視カメラとしてだけでなくLitmor Capsuleは照明として使うこともでき、2400ルーメンの明るさがある。

加えて、Litmor Capsuleにはマイクとスピーカーもビルトインされているので、玄関先に設置すればインターホンのように使うことも可能。その際はアプリを使って通話できる。

何役もこなすこのスマート監視カメラは現在、Kickstarterで1399香港ドル(約2万円)〜となっている。出資は9月17日まで受け付け、10月にも発送が始まる見込みだ。

Litmor Capsule/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報