海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 慶應大学も参加したハイパーループ・ポッド・コンペでミュンヘン工科大のチームが時速467キロを達成!

Tech

慶應大学も参加したハイパーループ・ポッド・コンペでミュンヘン工科大のチームが時速467キロを達成!

イーロン・マスク率いるSpaceX社が主催する学生向けのハイパーループ・ポッド・コンペティションがこのほど開かれ、ドイツ・ミュンヘン工科大学のチームWARR Hyperloopが時速467キロという走行スピードを達成し、...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーロン・マスク率いるSpaceX社が主催する学生向けのハイパーループ・ポッド・コンペティションがこのほど開かれ、ドイツ・ミュンヘン工科大学のチームWARR Hyperloopが時速467キロという走行スピードを達成し、優勝した。

昨年のコンペで同チームが出したスピード記録を大きく塗り替え、開発の目覚ましさを印象付ける結果となった。

・世界18チームが競う

このコンペは、マスク氏が考案した高速次世代輸送システム、ハイパーループの技術の刷新を促す目的で開催されている。3回目となる今年はスピードに焦点を当てて行われた。

慶應大学のチームを含む世界から集まった18チームがそれぞれのプロトタイプを、SpaceX本社の敷地内に設置された真空チューブで走らせた。

・昨年より1.5倍速く

その結果、ミュンヘン工科大学のチームのプロトタイプが時速467キロを達成し、優勝した。昨年は時速324キロで、1.5倍近く速くなったことになる。デザインを改良するなどして空気抵抗を抑えたのが奏功したようだ。

同チームのプロトタイプは高さ30センチ、長さ2メートル。実際のサイズからすればはるかに小さいが、浮揚や摩擦などのさらなる研究に貢献するという。

ハイパーループをめぐっては現在、Hyperloop Transportation Technologies(HTT)とVirgin Hyperloop Oneの2社が開発を競っていて、先日はHTTが中国・貴州省に建設すると発表したばかり。この2社は米国や中東、インドなどで計画を進めていて、ハイパーループが市民の足となる日はそう遠くなさそうだ。

Hyperloop Pod Competition/Twitter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報