海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech EVgo、EVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したEV充電ステーションを設置

Tech

EVgo、EVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したEV充電ステーションを設置

電気自動車(EV)が普及するのに伴い、EV充電ステーションもかなりのスピードで増えつつあるが、米国にこのほど登場したのはEVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したもの。 太陽光発電が最も多い時間帯に電気を蓄電しておいて...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気自動車(EV)が普及するのに伴い、EV充電ステーションもかなりのスピードで増えつつあるが、米国にこのほど登場したのはEVの使用済みバッテリーをリサイクル活用したもの。

太陽光発電が最も多い時間帯に電気を蓄電しておいて、消費者に再生可能エネルギーの電気を供給するというエコ型のステーションだ。

・BMWがパートナー

米国最大の公共急速充電ステーションネットワーク、EVgoがカリフォルニア州のユニオンシティに設置した。

このステーションには、BMW i3で使われていた容量22kWhのバッテリーを活用している。充電器1基につき2つの使用済みバッテリーを使用していて、30kWのインバーターと組み合わせている。

このプロジェクトにはBMWも参加し、バッテリーを提供。同社にとって使用済みバッテリーの処理は課題の一つで、こうした活用法はまさに“渡りに船”となる。

・太陽光発電グリッドに接続

この充電ステーションのもう一つのポイントは、バッテリーに供給する電気を、太陽光発電のグリッドからとっていることだ。日が燦々と照るピーク時に蓄電しておいてその電気をEVに提供する。つまり再生可能エネルギーを提供しているので、環境負荷の軽減に寄与する。

EVの使用済みバッテリーを再活用する動きとして、Techableでは以前日産の街灯を紹介したが、車メーカーには今後こうしたバッテリーを再利用する取り組みが求められそうだ。

EVgo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報