海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 航空機エンジンの細部メンテは小型ロボットにお任せ! ロールス・ロイス、昆虫ロボを開発中

Tech

航空機エンジンの細部メンテは小型ロボットにお任せ! ロールス・ロイス、昆虫ロボを開発中

想像がつくかと思うが飛行機のエンジンというのは複雑な構造になっていて、製造はもちろんメンテナンスも簡単ではない。エンジンを外して内部をチェックするとなればなかなか大掛かりな作業となる。 それを効率化できないかという視点で...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
想像がつくかと思うが飛行機のエンジンというのは複雑な構造になっていて、製造はもちろんメンテナンスも簡単ではない。エンジンを外して内部をチェックするとなればなかなか大掛かりな作業となる。

それを効率化できないかという視点でエンジンメーカーRolls-Royceが開発中なのが、小型の昆虫ロボ「SWARM」だ。現在は状態チェックに活用することを想定しているが、長期的にはロボットにメンテ業務を行わせるというプランも描いている。

・内視鏡のよう

Rolls-Royceが今回公開したのは、ゴキブリのような小型ロボットと、ヘビのように細長いロボット。ノッティンガム大学やハーバード大学の協力を得て開発している。

現段階では、これらのロボットにカメラを搭載してエンジンの中に送り込み、内部の映像を映し出す。まさに内視鏡のような働きをする。

・磨耗箇所の修復も

そして体内での内視鏡検査でポリープを切除するなど簡単な処置ができるように、ヘビ型のロボットには業務を行わせることも想定している。

こちらは「Flare」と呼ぶプロジェクトで、磨耗している箇所の状態をまずカメラで映し出し、必要に応じて修復も行う。

Rolls-Royceは「この技術が実用化されれば、エンジンのメンテナンスが素早く行え、コストも削減できる」としている。

Rolls-Royce
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報