海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ラリーペイジ出資の空飛ぶ車「BlackFly」、SUV並みの値段で来年にも一般発売へ

Start Up

ラリーペイジ出資の空飛ぶ車「BlackFly」、SUV並みの値段で来年にも一般発売へ

シリコンバレー拠点のスタートアップOpenerが“ステルスモード”で開発を進めてきた空飛ぶ車をこのほど公開した。 最大スピード時速100キロで空を飛び、着陸・着水できる「BlackFly」だ。SUV並みの値段で来年にも一...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
シリコンバレー拠点のスタートアップOpenerが“ステルスモード”で開発を進めてきた空飛ぶ車をこのほど公開した。

最大スピード時速100キロで空を飛び、着陸・着水できる「BlackFly」だ。SUV並みの値段で来年にも一般発売する予定という。

・開発に9年

これまで存在すらあまり知られていなかったスタートアップがいきなり登場し、来年にも空飛ぶ車を発売、というのは話が急すぎる、という印象を受けた読者もいるのではないか。

実際、空飛ぶ車は今や多くの企業が着手しているが、開発すると明らかにしてからプロトタイプに至るまでにもそれなりの時間がかかる。

Openerも例外ではなく、ただ知られていなかっただけで、垂直離着陸機(VTOL)であるBlackFly の開発に実は9年かけているとのこと。Openerの経営面をみると、Google共同創業者ラリーペイジが出資するなど、それなりに資金力はあるようだ。

・航続距離40キロ

BlackFlyは1人乗りで、電気で作動する。前後の翼に4つずつ計8つのプロペラを搭載し、最高スピードは時速100キロ、航続距離は40キロとなっている。

この手の乗り物の操作は難しそうという印象があるが、コントロールはジョイスティックで行い、Openerは「わずかなトレーニングで乗れるようになる」としている。出発地点にボタン一つで戻れる機能も搭載しているという。

ただ、BlackFlyは軽量飛行機に分類されるので、米国連邦航空局(FAA)のプライベートパイロット筆記試験をパスしている必要があるとのこと。

BlackFlyはすでに米国そしてカナダで軽量飛行機として承認を得ていて、早ければ来年にも一般向けに発売する予定。SUV並みの値段とのことで、空の交通に革命を起こす可能性を秘めている。

Opener
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報